不思議の国のアリス CHAPTER 5. Advice from a Caterpillar


1/3

ALICE’S ADVENTURES IN WONDERLAND

Project Gutenberg : Alice's Adventures in Wonderland

5. いもむしの忠告
CHAPTER V Advice from a Caterpillar

 いもむしとアリスは、しばらくだまっておたがいを見つめていました。とうとういもむしが、口から水パイプをとって、めんどうくさそうな、ねむたい声で呼びかけてきました。
THE Caterpillar and Alice looked at each other for some time in silence: at last the Caterpillar took the hookah out of its mouth, and addressed her in a languid, sleepy voice.

 「あんた、だれ?」といもむしが言います。
“Who are you?” said the Caterpillar.

 これは会話の出だしとしては、あんまり気乗りするものじゃありません。アリスは、ちょっともじもじしながら答えました。「あ、あ、あの、あまりよくわかんないんです、いまのところ――少なくとも、けさ起きたときには、自分がだれだったかはわかってたんですけど、でもそれからあたし、何回か変わったみたいで」
This was not an encouraging opening for a conversation. Alice replied, rather shyly, “I hardly know, sir, just at present—at least I know who I was when I got up this morning, but I think I must have been changed several times since then.”
 「そりゃいったいどういうことだね」といもむしはきびしい声で申します。「自分の言いたいことも言えんのか!」
“What do you mean by that?” said the Caterpillar sternly. “Explain yourself!”
 アリスは言いました。「はい、自分の言いたいことが言えないんです。だってあたし、自分じゃないんですもん、ね?」
“I can’t explain myself, I’m afraid, sir,” said Alice, “because I’m not myself, you see.”
 「『ね?』じゃない」といもむしが言います。
“I don’t see,” said the Caterpillar.
 「これでもせいいっぱいの説明なんです」とアリスはとてもれいぎ正しくこたえました。「なぜって、自分でもわけがわからないし、一日でこんなに大きさがいろいろかわると、すごく頭がこんがらがるんです」
“I’m afraid I can’t put it more clearly,” Alice replied very politely, “for I can’t understand it myself to begin with; and being so many different sizes in a day is very confusing.”
 「がらないね」といもむし。
“It isn’t,” said the Caterpillar.
 「まあ、あなたはそういうふうには感じてらっしゃらないかもしれないけれど、でもいずれサナギになって――だっていつかなるんですからね――それからチョウチョになったら、たぶんきみょうな気分になると思うんですけど。思いません?」
“Well, perhaps you haven’t found it so yet,” said Alice, “but when you have to turn into a chrysalis—you will some day, you know—and then after that into a butterfly, I should think you’ll feel it a little queer, won’t you?”
 「ちっとも」といもむし。
“Not a bit,” said the Caterpillar.
 「じゃあまあ、あなたの感じかたはちがうかもしれませんけれど、でもあたしとして言えるのは、あたしにはすごくきみょうな感じだってことです」
“Well, perhaps your feelings may be different,” said Alice; “all I know is, it would feel very queer to me.”
  「あんた、か!」といもむしはバカにしたように言いました。「あんた、だれ?」
“You!” said the Caterpillar contemptuously. “Who are you?”
 これで話がふりだしにもどりました。アリスは、いもむしがずいぶんとみじかい返事しかしないので、ちょっと頭にきました。そこでむねをはって、とてもおもおもしく言いました。「思うんですけれど、あなたもご自分のことをまず話してくださらないと」
Which brought them back again to the beginning of the conversation. Alice felt a little irritated at the Caterpillar’s making such very short remarks, and she drew herself up and said, very gravely, “I think you ought to tell me who you are, first.”
 「どうして?」といもむし。
“Why?” said the Caterpillar.
 これまたなやましい質問です。そしてアリスはいい理由を考えつかなかったし、いもむしもずいぶんときげんがよくないようだったので、あっちにいくことにしました。
Here was another puzzling question; and as Alice could not think of any good reason, and as the Caterpillar seemed to be in a very unpleasant state of mind, she turned away.
 「もどっといで!」といもむしがうしろからよびかけました。「だいじな話があるんじゃ!」
“Come back!” the Caterpillar called after her. “I’ve something important to say!”
 これはどうも、なかなか期待できそうです。そこでアリスは向きをかえると、またもどってきました。
This sounded promising, certainly: Alice turned and came back again.
  「カッカするな」といもむし。
“Keep your temper,” said the Caterpillar.
 「それだけ?」とアリスは、はらがたつのをひっしでおさえて言いました。
“Is that all?” said Alice, swallowing down her anger as well as she could.
 「いや」といもむし。
“No,” said the Caterpillar.
 じゃあまちましょうか、とアリスは思いました。ほかにすることもなかったし、それにホントに聞くねうちのあることを言ってくれるかもしれないじゃないですか。何分か、いもむしはなにも言わずに水パイプをふかしているだけでしたが、とうとううで組みをといて、パイプを口からだすと言いました。「で、自分が変わったと思うんだって?」
Alice thought she might as well wait, as she had nothing else to do, and perhaps after all it might tell her something worth hearing. For some minutes it puffed away without speaking, but at last it unfolded its arms, took the hookah out of its mouth again, and said, “So you think you’re changed, do you?”
  「ええ、どうもそうなんです。むかしみたいにいろんなことがおもいだせなくて――それに十分と同じ大きさでいられないんです!」
“I’m afraid I am, sir,” said Alice; “I can’t remember things as I used—and I don’t keep the same size for ten minutes together!”
  「おもいだせないって、どんなこと?」といもむし。
“Can’t remember what things?” said the Caterpillar.
 「ええ、『えらい小さなハチさん』を暗唱しようとしたんですけれど、ぜんぜんちがったものになっちゃったんです!」アリスはゆううつな声でこたえました。
“Well, I’ve tried to say ‘How doth the little busy bee,’ but it all came different!” Alice replied in a very melancholy voice.
 「『ウィリアム父さんお歳をめして』を暗唱してみぃ」といもむし。
“Repeat ‘You are old, Father William,'” said the Caterpillar.
 アリスはうでを組んで、暗唱をはじめました。
Alice folded her hands, and began:—
『ウィリアム父さんお歳をめして』とお若い人が言いました。
『かみもとっくにまっ白だ。
なのにがんこにさか立ちざんまい――
そんなお歳でだいじょうぶ?』
“You are old, Father William,” the young man said,
“And your hair has become very white;
And yet you incessantly stand on your head—
Do you think, at your age, it is right?”
ウィリアム父さん、息子にこたえ、
『わかい頃にはさかだちすると、
脳みそはかいがこわかった。こわれる脳などないとわかったいまは、
なんどもなんどもやらいでか!』
“In my youth,” Father William replied to his son,
“I feared it might injure the brain;
But, now that I’m perfectly sure I have none,
Why, I do it again and again.”
『ウィリアム父さんお歳をめして』とお若い人、
『これはさっきも言ったけど。そして異様(いよう)なデブちんだ。
なのに戸口でばくてんを――
いったいどういうわけですかい?』
“You are old,” said the youth, “as I mentioned before,
And have grown most uncommonly fat;
Yet you turned a back-somersault in at the door—
Pray, what is the reason of that?”
老人、グレーの巻き毛をゆする。
『わかい頃にはこの軟膏(なんこう)で
手足をきちんとととのえた。
一箱一シリングで買わんかね?』
“In my youth,” said the sage, as he shook his grey locks,
“I kept all my limbs very supple
By the use of this ointment—one shilling the box—
Allow me to sell you a couple?”
『ウィリアム父さんお歳をめして』とお若い人、
『あごも弱ってあぶらみしかかめぬ
なのにガチョウを骨、くちばしまでペロリ――
いったいどうすりゃそんなこと?』
“You are old,” said the youth, “and your jaws are too weak
For anything tougher than suet;
Yet you finished the goose, with the bones and the beak—
Pray, how did you manage to do it?”
父さんが言うことにゃ
『わかい頃には法律まなび
すべてを女房と口論三昧
それであごに筋肉ついて、それが一生保ったのよ』
“In my youth,” said his father, “I took to the law
And argued each case with my wife;
And the muscular strength, which it gave to my jaw,
Has lasted the rest of my life.”
『ウィリアム父さんお歳をめして』とお若い人、
『目だって前より弱ったはずだ
なのに鼻のてっぺんにウナギをたてる――
いったいなぜにそんなに器用?』
“You are old,” said the youth, “one would hardly suppose
That your eye was as steady as ever;
Yet you balanced an eel on the end of your nose—
What made you so awfully clever?”
『質問三つこたえたら、もうたくさん』と
お父さん。『なにを気取ってやがるんだ!
日がなそんなのきいてられっか!
失せろ、さもなきゃ階段からけり落とす!』
“I have answered three questions, and that is enough,”
Said his father; “don’t give yourself airs!
Do you think I can listen all day to such stuff?
Be off, or I’ll kick you down stairs!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です