不思議の国のアリス CHAPTER 12.Alice’s Evidence


1/3

ALICE’S ADVENTURES IN WONDERLAND

Project Gutenberg : Alice's Adventures in Wonderland

12. アリスのしょうこ

CHAPTER XII Alice’s Evidence

  「ここです!」とアリスは声をあげ、いっしゅんこうふんしてここ数分で自分がどれほど大きくなったかをすっかりわすれ、あわてて立ち上がりすぎて、陪審席をスカートのはしにひっかけてたおしてしまい、おかげで陪審たちがその下のぼうちょう席に、頭から浴びせられることになってしまいました。そしてみんなベシャッと横になって、アリスは先週うっかりひっくりかえした金魚鉢のようすを、まざまざと思いだしました。
“HERE!” cried Alice, quite forgetting in the flurry of the moment how large she had grown in the last few minutes, and she jumped up in such a hurry that she tipped over the jury-box with the edge of her skirt, upsetting all the jurymen on to the heads of the crowd below, and there they lay sprawling about, reminding her very much of a globe of gold-fish she had accidentally upset the week before.
  「あらほんとうにごめんなさい!」アリスはうろたえてさけび、できるだけすばやくみんなをひろいあげました。金魚鉢の事故が頭のなかをかけめぐって、なんだかすぐにあつめて陪審席にもどしてあげないと、みんなすぐに死んじゃうような気がばくぜんとしたのです。
“”Oh, I beg your pardon!” she exclaimed in a tone of great dismay, and began picking them up again as quickly as she could, for the accident of the gold-fish kept running in her head, and she had a vague sort of idea that they must be collected at once and put back into the jury-box, or they would die.
  王さまがとてもおもおもしい声でもうします。「陪審員が全員しかるべきいちにもどらないかぎり、裁判をすすめることはできない――全員、だぞ」と、とても強くくりかえしながら、アリスをにらみつけます。
“The trial cannot proceed,” said the King in a very grave voice, “until all the jurymen are back in their proper places—all,” he repeated with great emphasis, looking hard at Alice as he said so.
 陪審席をみてみると、あわてていたせいで、トカゲをさかさにつっこんでしまったのがわかりました。かわいそうなトカゲはかなしそうにしっぽをふって、まるでみうごきができずにいたのです。すぐに出してあげて、ちゃんともどしてあげました。
Alice looked at the jury-box, and saw that, in her haste, she had put the Lizard in head downwards, and the poor little thing was waving its tail about in a melancholy way, being quite unable to move. She soon got it out again, and put it right; “not that it signifies much,”
「でもべつにたいしたちがいじゃないと思うけれど。あのトカゲなら、さかさだろうと裁判にはまるっきりえいきょうしないと思う」とアリスは考えます。
she said to herself; “I should think it would be quite as much use in the trial one way up as the other.”
  陪審たちが、ひっくりかえされたショックからすこし立ちなおり、石板と石筆がみつかってかえされると、みんなすぐにこの事故のけいかを、こまごまと書きつけはじめました。ただしトカゲだけはべつです。トカゲはショックがつよすぎて、口をぽかーんとあけて法廷の屋根を見あげながら、すわっているだけでした。
As soon as the jury had a little recovered from the shock of being upset, and their slates and pencils had been found and handed back to them, they set to work very diligently to write out a history of the accident, all except the Lizard, who seemed too much overcome to do anything but sit with its mouth open, gazing up into the roof of the court.
 「このいっけんについて、なにを知っておるかね?」王さまはアリスにききました。
“What do you know about this business?” the King said to Alice.
 「なんにも」とアリス。
“Nothing,” said Alice.
  「なにもまったく?」と王さまがねんをおします。
“Nothing whatever?” persisted the King.
 「なにもまったく」とアリス。
“Nothing whatever,” said Alice.
 「これはきわめて重要(じゅうよう)じゃ」と王さまはばいしんにむかって言いました。ばいしんたちがこれを石板に書き始めたところで、白うさぎが口をはさみます。
“That’s very important,” the King said, turning to the jury. They were just beginning to write this down on their slates, when the White Rabbit interrupted:
「非重要(ひじゅうよう)と、もちろん王さまはいわんとしたのです」その口ぶりはとってもそんけいがこもっていましたが、でも言いながら王さまにむかって、しかめっつらをして変な顔をしてみせています。
“Unimportant, your Majesty means, of course,” he said in a very respectful tone, but frowning and making faces at him as he spoke.
 「非重要(ひじゅうよう)じゃ、もちろんわしのいわんとしたのは」と王さまはあわてて言いました。そしてそのあとで「重要(じゅうよう)――非重要(ひじゅうよう)――重要(じゅうよう)――非重要(ひじゅうよう)――」と小声でぶつぶつつぶやいて、どっちのことばがしっくりくるかを決めようとしてるみたいでした。
“Unimportant, of course, I meant,” the King hastily said, and went on himself in an undertone, “important—unimportant—unimportant—important——” as if he were trying which word sounded best.
 陪審(ばいしん)のなかには「重要(じゅうよう)」と書いたのもいたし、「非重要(ひじゅうよう)」と書いたのもいました。アリスは石板をのぞきこめるくらい近くにいたのです。「でもどうだっていいや」と思いました。
Some of the jury wrote it down “important,” and some “unimportant.” Alice could see this, as she was near enough to look over their slates; “but it doesn’t matter a bit,” she thought to herself.
 このとき、しばらくノートにいろいろねっしんに書きつけていた王さまが「せいしゅくに!」とかなきり声をあげて、ほうりつ書をよみあげました。「規則だい四十二番。身のたけ1キロ以上のものは、すべて法廷を出なくてはならない」
At this moment the King, who had been for some time busily writing in his note-book, called out “Silence!” and read out from his book, “Rule Forty-two. All persons more than a mile high to leave the court.”
  みんなアリスのほうを見ました。
Everybody looked at Alice.
 「あたし、身長一キロもないもん!」とアリス。
“I’m not a mile high,” said Alice.
 「あるね」と王さま。
“You are,” said the King.
 「二キロ近くあるね」と女王さま。
“Nearly two miles high,” added the Queen.
  「ふん、どっちにしても、あたしは出ていきませんからね。それに、いまのはちゃんとした規則じゃないわ。いまでっちあげただけでしょう」
“Well, I sha’n’t go, at any rate,” said Alice: “besides, that’s not a regular rule: you invented it just now.”
 「ほうりつ書で一番ふるい規則じゃ」と王さま。
“It’s the oldest rule in the book,” said the King.
 「だったら規則一番のはずだわ」とアリス。
“Then it ought to be Number One,” said Alice.
  王さまはまっさおになり、ノートをあわててとじました。そして陪審にむかって小さなふるえる声で「判決を考えるがよい」ともうしました。
The King turned pale, and shut his note-book hastily. “Consider your verdict,” he said to the jury, in a low trembling voice.
 「まだしょうこが出てまいります、おねがいですから陛下」と白うさぎがあわてて飛び上がりました。「ちょうどこのかみきれが手に入りましたのです」
“There’s more evidence to come yet, please your Majesty,” said the White Rabbit, jumping up in a great hurry: “this paper has just been picked up.”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です