無料の英語教材プロジェクトについて

これからの時代、英語の習得は必須だというのは、皆さん思っていることだと思います。
ただ英語の勉強をしても身につかない、どうすればいいのかわからないという方が多いでしょう。

英語力が身につかない最大の理由

英語力が身につかない最大の理由としては、

英語が本当にできるようになるためには、大量の英語を自分の中にインプットする必要があります。しかし、多くの人はインプット量がまったく足りません。コツコツ少量の文法練習などを正確にするより、大雑把に大量の英語をインプットした方が特に最初の段階では効果的です。大量にインプットしていくと、英文法を細かく覚えなくても自然と英文法的に正しく自然な英語表現が口から出やすくなっていきます。

典型的なものに、量より質を求め過ぎて、結局学習そのものが非効率になってしまうというパターンがあります。量が足りないのに質を求める。すると結果が出ないので、また質を求めてしまう。このような「負のスパイラル」に陥ってしまっている英語学習者は、私の見る限り相当数います。

などの記事を見る通り、英語のインプットが圧倒的に足りないからなのです。

日本人の英語のインプットが圧倒的に足りない理由

日本において以前は、海外の人の話を聞く機会も、海外の書籍を原文のまま読む機会もほとんどなかったという方が大半です。
なぜならば、海外の情報を誰かが日本語に翻訳してくれていて、その日本語に翻訳された海外の情報で今までは何とかなっていたから、ほとんどの人は直接海外の情報を読み聞きしなくても良かったからです。

それに対して韓国、中国、その他新興国では、母国語に翻訳してくれないので海外の情報を直接読み聞きせざるを得ないから、海外の情報として英語に触れる時間が長く、日本人よりも英語の習得率が高いのです。

でも現在において、誰かが日本語にしてくれるのを待っていられなくなっています。
海外の情報を翻訳しても、他にも翻訳できる人が増えたり、また必要とされる情報が細分化され、翻訳する側としては「割に合わな」くなってきています。
細分化された今自分が必要な情報を自分で理解しないといけなくなってきているんですね。

今はまだそれでも自ら積極的に英語をインプットして、ある程度わかるようになれば何とかなりそうですが、英語ができないと何ともならないという時代がたぶんもすぐそこまで来ています。

英語を積極的にインプットする方法

さて、英語を積極的にインプットする方法ですが、以前は海外の人の話を聞く機会も、海外の書籍を原文のまま読む機会も少なかったかもしれませんが、今ではインターネット上では海外のいろいろな情報を読むことができます。
また、YouTubeなどでは海外のいろいろな動画を見聞きすることができます。
また、英語の読み上げを聞くことができるサイト、スマートフォンアプリも数多くあります。

でも最初から、海外の文章や言葉だけをたくさん聞き読みするだけで英語の力がつくかというと難しいです。
意味の分かっていない英文だけを聞き読み使用としても、集中力が続かなくてすぐに飽きてしまいます。
また、物語自体に魅力がなければ、繰り返し聞き読みできないでしょう。

ですので、この「無料の英語教材プロジェクト」では、著作権が切れた海外の名作童話を選んで、段落ごとに短く区切り、合成音声ですが日本語・英語の順での読み上げ音声を作りました。

英語を無理なくたくさんインプットするには日本語、英語の順でのリスニングがよいと思います。
空き時間に日本語・英語の読み上げ音声を、日本語の部分で内容をイメージして、英語を聞くという使い方を想定しています。

併せて、日本語訳、原文のテキストも表示していますので、英語を聞きながら原文のテキストを読んで、分からない単語を調べてゆくことで、だんだんと英語力が上がってくると思っています。

もちろん、有料の教材と違って、取得度に合わせた単語や熟語、構文などは考慮できませんので、学年に合わせた的確なリスニング、リーディングには、英会話教室や塾、タブレットなどを使ったオンライン学習などのほうが、英語の成績には直結すると思います。

ただ、学習者が興味を持って繰り返し触れることができるのならば、長期的な観点で英語力を伸ばす事につながるでしょう。
英語の試験勉強のためだけでなく英語に慣れ親しむ教材として、「無料の英語教材プロジェクト」を使っていただけたら幸いです。